バレエ・甲・足裏・指の使い方②


プリエ、ルルベ、での足裏・指・甲の使い方は理解できたでしょうか?

理解できれば、後はコントロールできるようにレッスン・トレーニングし続けて下さい。 次は、タンジュでの足裏・指・甲の使い方です。


タンジュでのポイントは、

片足でバレエの軸を~~~

 

コントロールする事が出来るようになる事です。 足裏・指・甲を、片足・軸足だけでコントロールする事ができなければ、次からの特別レッスンを学んでも、美しく踊ることは出来ません。  バーレッスン・センターレッスンの時に、片足の足裏を使い続けて強く鍛え、コントロールできるようにする事が大切です。  まずは、軸足のタンジュでの足裏・指・甲の使い方。  足裏は、土踏まずが三角形バランス バレエの脚の「パ」動かす脚は、前・横・後の3方向が基本です。    前タンジュの時、軸・足裏のポイントは、前方に脚を出すので、軸足のバランスは後方に移動しようとします。  後方に移動しようとしている足裏は、小指とかかと側に体重がかかりますので、足裏・三角形バランスは小指・かかと側に崩れていきます。  これを、すかさず元へ戻そうと足裏を動かして下さい。  足裏を常に三角形バランスへ戻す事がタンジュでのポイントです。そうすることで足裏が鍛えられ、コントロール出来るようになります。   横タンジュの時は、横へと足を出しますので、その反対側と少し前方へとバランスを崩します。  横タンジュの軸足の足裏は、指先と土踏まず側へ三角形バランスが崩れます。 すかさず元へ戻して下さい。ごそごそと足裏・指・甲を動かしていきましょう。    後ろタンジュの時は、後ろへ脚を出しますので、前方へバランスが崩れていきます。  後ろタンジュの軸足の足裏は、土踏まず側へ三角形バランスが崩れます。 そのままにしておかないで、三角形バランスへと戻して下さい。動かし続けて下さい。  タンジュで、それぞれの方向へ脚を出した時の軸足の三角形バランスの崩れ方、それを戻す使い方の理解はできたでしょうか?  どんな時にすればいいのですか?と聞かれる事がありますが、バレエを踊っている時はずっと使い続けるんです。 それがバレリーナの足裏です。  次に、タンジュでの動かしている脚の足裏は、どの様に使うのか?お話します。   5番ポジションから、軸足を左とした時のタンジュでお話します。 動かす脚は右足です。 5番ポジションで立っているときは、右足裏も三角形バランスを作っています。  そこから前へタンジュし始めれば、かかとから徐々に床から離れていきます。  すぐに浮かして足先だけにするのではなく、足裏をできるだけ床から離さないように滑らせていくことがポイントです。  できるだけ足裏を使い滑らせて、最後の遠くまで伸ばした所から、 第三ルルベ~第四ルルベの時の足裏・指・甲の使い方で、トゥシューズの先端、ポアントをイメージして足先を作り上げます。  5番ポジションに戻ってくる時は、足裏の順番を逆再生しながら戻してきます。
自分自身の特別レッスンでの動画を見てイメージしコントロールできるようにしましょう!


いかがでしょう!

タンジュの動かしている足裏の使い方は理解できたでしょうか?

タンジュは、軸足と動かす脚を同時にコントロールしていかなければ美しく踊れません。

タンジュの2つの足裏のコントロールができるようになることが、次につながっていきます。



バットマン・デガジェ、ジュッテでの足裏・指・甲の使い方は~~~

 

、タンジュの時と同じです。  ですが、動かす脚が床から上がる事によって、軸足の三角形バランスは大きく崩れていきます。 そ の崩れを瞬時に元へと戻す使い方・力が必要になります。  逆に考えると、大きく崩れるから足裏・指・甲を鍛えて強くするためのレッスンになります。  タンジュとともに大切に軸足の三角形バランスを戻すことができるようになりましょう。  動かしている脚の足裏の使い方は、床から上がったときは、第三ルルベ~第四ルルベの時の足裏・指・甲の使い方の状態です。  脚をあげた後、足裏の使い方を忘れてしまうと、美しい足先になりません。しっかりとルルベをして足裏を掴むように、指と甲を使い続けて下さい。  動かす脚の足裏が床を滑らせている時は、足裏を感じ床を感じて使いましょう。
自分自身の特別レッスンでの動画を見てイメージしコントロールできるようにしましょう!


無理に高く脚をあげることは止めましょう。

バレエは、美しく踊らなければいけません。勢いで踊る動かすものではありません。 バレエの美しい身体の動かし方、使い方を正しくイメージして欲しいと思います。


次に、ロン・デ・ジャンプ・ア・テール、アン・レール

180度・半円を描くように足先を動かしていく事で~~~

 

、軸足の足裏の崩れと、、お腹と甲の縦軸のズレが起こります。 180度それぞれの角度で、どのように崩れとずれが起こってくるのかを、理解してほしいと思います。 左軸の時と、右軸の時と、それぞれ崩れ方とズレ方が違います。タンジュの時に足裏を感じるようになって来れば、意識して軸足裏をコントロールしながら動かす事ができるようになってきます。
自分自信の特別レッスンの動画を見て、じっくりと感じて、自宅でも練習して下さい。


ルティレの時の足裏・指・甲の使い方 ルティレの軸足~~~

 

の足裏は、タンジュなどと同じです。 片足になるので、三角形バランスが崩れてしまいます。  ルティレをするために、膝を曲げ足先を床から上げていくときから、軸足の足裏・三角形バランスが崩れていきます。  この足裏の崩れを瞬時に動かして元へ戻して下さい。 膝を曲げて床から上げる脚の足裏は、第三ルルベ~第四ルルベの時の足裏の掴む使い方になっています。  上げるときに、太ももで脚をあげてしまいますと、前から見るとバレエの美しい軸ではなくなってしまいます。  それに、軸足の三角形バランスが大きく崩れてしまうので、元に戻せなくなり、立っていられなくなってしまいます。  ルティレの上げる脚は、第三ルルベ~第四ルルベの時の足裏を指と甲を使って、掴む使い方のまま、 足裏で掴み続けた力を使って、足裏から軸足の足首~膝へと、すくい上げていきます。  足裏で、すくい上げていくことで、美しくバレエの軸は崩れずに、足裏の三角形バランスの崩れが少なく、ルティレで立っていられます。  ルティレの足首・指・甲の使い方のポイントは、すくい上げるイメージが大切です。
自分自身の特別レッスンでの動画を見てイメージしコントロールできるようにしましょう!


いかがでしょうか? 太ももから上げるルティレと、足裏をすくい上げるルティレの違いは理解できたでしょうか!

太ももで上げる方が簡単ですが、バレエの美しい使い方ではありません。 このポイントは、しっかり理解してレッスンして欲しいと思います。



ジャンプする時、してる時、着地した時の足裏の使い方 わかりやすく2番ポジションからプリエをしてジャンプする事でお話します。

プリエから、両足裏・指を使って床を蹴りジャンプする時~~~

 

の足裏の使い方は、 三角形バランスの力を床に対してかけていき、かかとに床を押し力を、徐々に指の付け根、指先へと伝えていき、一気に床を蹴ります。  蹴った瞬間、第三ルルベ~第四ルルベの足裏の使い方で床を掴み蹴ります。 ジャンプして宙に飛んでいる時の足裏は、掴んだルルベの状態です。指を使い甲を出すようにルルベしています。  着地知るときは、掴むルルベを解放して、足先・指・指の付け根・かかとと、すぐに足裏の三角形バランスへと整えていきます。  着地したときに、三角形バランスが崩れていれば、すぐに戻して下さい。  足裏を動かして元に戻そうとしなければ、バランスが崩れた身体を、腕・肩・頭などを動かしてバランスを保とうとしてしまいます。  そうすると美しいバレエの軸、振りは壊れてしまいます。 腕・肩・顔などを動かさずに、太ももでバランスの崩れを保とうとすると、開いたプリエができず美しくなくなります。  太ももで耐えてしまうと、膝を痛める原因にもなります。  ですから、着地したときは足裏の三角形バランスの事を意識して、元へ戻すようコントロールして下さい。  この事を忘れないで着地できるかが、ジャンプのポイントになります。
自分自身の特別レッスンでの動画を見てイメージしコントロールできるようにしましょう!


いかがでしょうか?イメージできたでしょうか!

他のポジションでも同じです。 片足でのジャンプ着地も、足裏の三角形バランスを元へ戻そうと動かす事で、美しい軸が保て踊りを見せる事が出来るようになります。

センターレッスンなどに時に、意識してコントロールしましょう!



回る時の足裏・指・甲の使い方 片足軸をルルベにした状態で、もう片方の脚は膝の位置に、ルティレして回る時のお話をします。

バレエシューズで回る場合は~~~

 

、軸足は第三ルルベです。 親指の付け根を中心にルルベし続ける事が回る時のポイントになります。  上手く回れない時、バランスを崩して回れない時は、この第三ルルベの足裏の親指付け根が、床からずれている事が原因です。  親指付け根じゃなく、中指・薬指・小指の付け根で回っていると上手く回れません。バランスが崩れます。 この足裏・足先を「かまあし」と言います。 「かまあし」は、美しく軸を作れない事だけではなく、バランスを保つ事ができないし、ケガをしてしまう原因にもなります。  「かまあし」は全く良い事はありません。  バレエを踊っている時き「かまあし」だと気がつくように意識しましょう! 「かまあし」だと気がつけば、元に戻しましょう!  回る時に、第三ルルベで親指付け根をコントロールできれば、一周・二周は回れるようになります。  回ろうと意識しすぎて、手・肩・顔に力が入り、勢いよく動かしすぎてしまうと、親指付け根から「かまあし」」へとずれてしまうので上手くいかなくなります。  ルティレをしている足裏の使い方は、太ももをあげるのではなく、足裏を指・甲で掴んで、下からすくい上げるように使います。  すくい上げるてルティレすると、回る軸足の親指付け根からずれることも少なくなります。  回る時は、落ち着いてじっくりレッスンしましょう! 親指付け根を逃がさない事が、美しく回るポイントです。
自分自身の特別レッスンでの動画を見てイメージしコントロールできるようにしましょう!


いかがでしょうか?イメージできたでしょうか!

回ることに慣れるのも大切です。 自主レッスンをする事もお勧めします。