バレエ・甲・足裏・指のストレッチ方法


バレエを踊る時に、一番大切な足裏・甲・指は、どのようになっていることが美しく良いと言われているんでしょう!

バレエを美しく踊る時、美しい足先が必要です。美しい足先に必要なのが甲です。 甲と言われている部位の骨は、小さな骨が間接となって作られています。詳しくは、甲・足裏・指の身体の仕組みの授業をご覧下さい。

バレエ教師が説明する時には、小さな骨を全部まとめて甲と言っている事が多いです。

バレエを美しく踊るために必要な甲の骨は~~~

 

、舟状骨です。 舟状骨は、足の親指のラインにあります。 バレエシューズでのルルベのポイントは、親指の付け根で立つ事だったと思います。 甲は、その親指ラインにありますので、レッスンの時に正しくルルベをしていると、甲の舟状骨は出てきます。 詳しくは、甲・足裏・指の身体の使い方の授業をご覧下さい。  正しくルルベで立つことが出来ているだけで、甲はストレッチされています。トレーニングも同時にしています。バレエの基本・身体の使い方は大切にして下さい。  それでは、美しい足先・甲にする為に、ポアントに力強く立つ為に、ストレッチをしていきましょう!   最近では、甲だしスティックなどのストレッチ器具が販売されています。便利になりました(^O^) 販売されている器具は、確かに甲と言われている骨の集まりを全てストレッチできます。
しかし、バレエでの美しい足先・甲になるためには、注意が必要です。 バレエの用語に、かまあし・かぎあしと言われている言葉があります。かまあし、一般的には内足、解剖学的には内転といいます。

甲だし器具でストレッチするときの注意で、この「かまあし」の事を理解していないと、ストレッチする事により、かまあしのクセが身に付いてしまいます。

甲だし器具でストレッチしているバレリーナは、「かまあし」と「かぎあし」をしっかりと学んで下さい。学んでからストレッチして下さい。 詳しくは、甲・足裏・指の身体の使い方での、ルルベの授業で説明しています。

甲だし器具以外でも、甲を美しくするためのストレッチはあります。

タオルを使う方法

ゴムバンドを使う方法

床を使う方法

手を使う方法

自分自身の特別レッスンでの動画を見てイメージしコントロールできるようにしましょう!


いずれも、足先・甲の仕組みを学び、理解して、「かまあし」のクセを作らないようにストレッチすれば、効果は甲だし器具と変わりません。美しい足先・甲に育っていきます。


3才~8歳のバレリーナさんは

まだまだ身体が成長し始めている時期です。甲の事は心配しないで下さい。それよりもバレエが好きになるよう!感性が育つよう!美しいものに沢山ふれて欲しいです。


9歳~11歳のバレリーナさんは

少し骨がしっかりしてきたと思います。少しずつ、甲のストレッチをしても大丈夫です。ですが、「かまあし」を学び理解できてから始めましょう。それと、足裏の土踏まずの使い方が出来ていないと駄目な時期です。大丈夫でしょうか?


12歳~15歳のバレリーナさんは

「かまあし」が理解できていれば、ストレッチとトレーニングをしていきましょう!


16歳~19歳のバレリーナさんは

更に美しい足先・甲を目指してストレッチとトレーニングをして下さい。この時期には、踊っているときに、足先・甲を使えるようになっていなければいけません!がんばりましょう(^O^)


20歳~のバレリーナさんは

足先・甲を使って美しく踊ることができるようになってきたでしょう!更に美しい踊りを目指して下さい!


大人からのバレリーナさんは

今までの生活によって、足先・甲の使い方は、人それぞれ違うと思います。ルルベをするだけでも足指がつる事があると思います。指をおる、ルルベの使い方の授業ができるようになってから、甲のストレッチをしていきましょう!


当然、ストレッチができたとしても、レッスンで意識して甲を使わなければ、踊っていても美しい足先・甲で踊ることができません!

身体を作る事は大切な事ですが、踊るときに使えるか、コントロールできるかが、バレエを踊る難しさだと思います。 美しく踊るために、がんばりましょう!