バレエ・甲・足裏・指のトレーニング方法


バレエの美しい踊りを踊る為には、軸の始まりである足裏・指・甲が強く安定している必要があります。

強くする為には鍛える・トレーニングする事が必要になります。

バレリーナは、スポーツ選手・アスリートのように、筋肉トレーニングはしてはいけないと言われています。

確かに、スポーツ選手・アスリートのような筋肉を太く強くする必要はありません。美しい身体にする事を求められる世界です。

脚、お尻、ウエスト、胸、腕、指先、首、と芸術的なシルエットを求められます。ただ細いだけでなく美しい筋肉と骨格である事が大切です。

ですが、一つの部位だけアスリートも負ける身体の部位が存在します!

それが、足裏・指・甲です。特にバレリーナの場合はトゥシューズを履いて踊ります。そのトゥシューズで踊るための強さが必要です。

よく足首が強い必要があると言われますが、足首をコントロールする為、足裏・指・甲の強さがすごい必要なんです。

足首は、関節です。いくら鍛えあげても関節ですので動かすことが必要です。止めることはできません。バレエを踊るときの足首が強いと言うことは、バランスをイメージした通りに動かして踊ることができる事が強いと言うことです!

この思い通りに動かせる足首に強くするために、トレーニングしておかないといけないのも、足裏・指・甲です。

トゥシューズで踊るために、バランスをイメージ通りコントロールする為に、足裏・指・甲を鍛えていきましょう!


3才~8歳までのバレリーナさんは、まだまだトレーニングなどする必要はありません。楽しんでバレエのレッスンをしましょう。

9歳~11歳までのバレリーナさんは、足裏・指・甲の身体の使い方の特別レッスンでもお話ししました。この時期に足裏・指を意識してレッスンする事ができたかで次の軸をコントロールできるようになるレッスンが始められます。トレーニングも一緒に始めるようにしましょう!

12歳~15歳までのバレリーナさんは、すでに足裏・指のコントロールは意識してできるようになっていると思います。更に甲のストレッチとトレーニングも始めましょう。身体が成長して身長なが伸びてきたと思いますので、伸びた脚に慣れながら大きくなった身体でも耐えれる強さを作っていきましょう!

16歳~19歳までのバレリーナさんは、十分に足裏・指・甲を鍛えてきたと思います。身体も大人に成長してきますので、筋肉と骨格も完成されてきます。子供の頃と違い大きく重くなってきた身体でも十分に耐えれる強さが必要です。完成させるための大切な時期ですので、地味に続けて頑張りましょう!

20歳~のバレリーナさんは、かなり足裏・指・甲と強くなり、足首をイメージ通りコントロールする事ができるようになっていると思います。更にレベルの高い踊りを踊るために続けてトレーニングして下さい。あとは、ケガをした後です。ケガの治療やケアの方法はケアの授業で学んで下さい。ケガをしてしまった時は、無理しないで治すことを中心に動きましょう!ケガが治った後は、レッスンを直ぐにする前に、もう一度トレーニングを中心に1週間鍛えてから復帰して下さい!約束ですよ!

大人からのバレリーナさんは、ストレッチの時と同じで、足裏・指・甲の使い方、ルルベの使い方の授業の内容ができるようになってから、トレーニングしていきましょう!足裏・指・甲のセルフボディケアをしっかりと学びして頂くことの方が大切です!


足裏・指・甲のトレーニング方法は、いくつもあります。おすすめする方法は次の3つです。~~~

続きはバレエボディトレーナーと一緒に美しく踊るを目指しましょう!
自分自身の特別レッスンでの動画を見てイメージしコントロールできるようにしましょう!


どのトレーニングをする時でも、「かまあし」のクセを覚えないように、力を入れすぎないでコントロールして鍛える事が大切です。

トレーニングは、辛い!

そう思われていますが、バレエの場合は、辛いよりもコントロールする事が難しい!となります。

回数は、少なくてもかまいません。

身体を感じながら、バレエの基本・身体の美しくなる使い方を感じながら楽しんで続けて欲しいと思います!

頑張りましょう!


受付中!
バレエボディトレーナーと一緒にバレエを美しく踊る身体と使い方を手に入れましょう!

詳しくは、下記のページをご覧ください↓


バレエ整体&アンディオール・神戸、大阪、西宮、宝塚、関西、近畿地区・バレエボディトレーナー・バレリーナの応援をしています。