バレエ・指・手の使い方

バレエを美しい踊りを表現する為に、手・指・手首の使い方は一番大切です。

9歳・10歳~、足裏の使い方を学び、理解してコントロールできるだけようにレッスンしていると思います。

次の10歳・11歳からは、肘・肩・肩甲骨の使い方を学び、理解してコントロール出来るようにレッスンする時期です。

バレエには、腕のポジションの基本があります。この腕の基本は、沢山の意味が詰まっています。

まずは、この腕の基本を学びレッスンで実践することで、足裏と腕の連動が起こり、 バレエの美しい軸・体感き刺激が起こり、自然と鍛えられるように考えられて作られています指の使い方 バレエを美しく表現する為に、指先・指は大切です。

一番大切な部位は、どの指でしょうか?

それは~~~

続きはバレエボディトレーナーと一緒に美しく踊るを目指しましょう!
自分自身の特別レッスンの動画を見て自宅でも練習しましょう。


イメージ出来たでしょうか! あとは、バーレッスン、センターレッスンと意識して使い続けて下さい。


手首の使い方

バレエのポジションで立っているときに、良く見かける曲がりすぎた・屈曲しすぎた手首です。

手首を曲げて力を入れた手首の使い方ですと、美しく見えなくなります。

手首が曲がった状態で踊る理由は~~~

続きはバレエボディトレーナーと一緒に美しく踊るを目指しましょう!
自分自身の特別レッスンの動画を見て、しっかりと司会してレッスンしましょう。

 
いかがでしょうか!イメージできましたか! 手首に力を入れるとカクカクした腕の動きになってしまいます。

指を正しく使い続けて踊りましょう。 美しく踊る為に!!


受付中!
バレエボディトレーナーと一緒にバレエを美しく踊る身体と使い方を手に入れましょう!

詳しくは、下記のページをご覧ください↓


バレエ整体&アンディオール・神戸、大阪、西宮、宝塚、関西、近畿地区・バレエボディトレーナー・バレリーナの応援をしています。