バレエの肘・肩・肩甲骨の使い方

バレエを美しい踊りを表現する為に、手・指・手首・肘・肩の使い方は一番大切です。

9歳・10歳~、足裏の使い方と、指・手首の使い方を学び、理解してコントロールできるだけようにレッスンしていると思います。

次の11歳・12歳からは、足裏~膝~股関節・骨盤のバレエの軸と、肘・肩の使い方を学び、理解してコントロール出来るようにレッスンする時期です。

バレエには、腕のポジションの基本があります。この腕の基本は、沢山の意味が詰まっています。

まずは、この腕の基本を学びレッスンで実践することで、足裏と腕の連動が起こり、 バレエの美しい軸・体感き刺激が起こり、自然と鍛えられるように考えられて作られています。

バレエの歴史、素晴らしい仕組みの一つです。 その仕組みのお話をしていきます。

指の使い方は~~~

続きはバレエボディトレーナーと一緒に美しく踊るを目指しましょう!
これから先の、肘・肩・肩甲骨は、軸をコントロールする為、アンディオールをコントロールする為に、美しく踊る為に、意識して体幹を鍛えていく必要があります。

ですが、この時期には鍛えていく必要があるのですが、最後大人になっていくと、大人のバレリーナの踊りを踊る時には、力を入れるのではなく抜くように踊らなければ、腕を使わなければいけません。

その使い方は、手・腕の使い方③の特別レッスンでお伝えしていきます。

今の時期は、まずしっかりと、肘・肩・肩甲骨を使えるようになり、体幹の筋肉をコントロールできる事を目指してください。


肘の使い方

肘の使い方は~~~

続きはバレエボディトレーナーと一緒に美しく踊るを目指しましょう!
バレエの踊りを美しく魅せる為には、手・指・肘・肩の中で、大切にして欲しい部位は、指の使い方です。

踊りを美しく魅せる為に、腕を使って表現しないと美しい魅力のある踊りが踊れません。

その時に腕の使い方は、重要なポイントになります。

トレーニングの特別レッスンでもお話ししますが、鏡を見て練習して欲しいと思います。

自分自身の特別レッスン動画をみてイメージできるようにしてください。



11歳・12歳~、最も大切な肩甲骨の使い方と使う理由

この時期から、肩甲骨・背中を使って体幹をコントロール擦る方法を学び・理解してレッスンする必要があります。

バレエの手のポジションの、肘が曲がっている事には理由があります。

腕を横に左右開いて肘を伸ばして下さい。

左右の肘を少しずつ曲げていくと~~~

続きはバレエボディトレーナーと一緒に美しく踊るを目指しましょう!
この時には、アンディオールもコントロールする事が出来はじめていると思います。

この先は、踊りを魅せる、総合芸術クラシックバレエを舞台で踊る為のレッスンに入っていきます。

肩甲骨の事は、文章では書く事が難しいですので、自分自身の特別レッスンの動画を何度も見ながら理解して下さい。

 
わからないことがあれば、遠慮しないでバレエボディトレーナーに話してくださいね。

身体で感じて、理解するまで、応援させて頂きます!


受付中!
バレエボディトレーナーと一緒にバレエを美しく踊る身体と使い方を手に入れましょう!

詳しくは、下記のページをご覧ください↓


バレエ整体&アンディオール・神戸、大阪、西宮、宝塚、関西、近畿地区・バレエボディトレーナー・バレリーナの応援をしています。