バレエ・アンディオールの正しい・美しい踊り方①

アンディオールとはなんなのでしょうか?

最近はコンクールが盛んになり、審査のジャッジシートを見ることができるようになりました。その中の内容に、ターンアウト、アンディオール、という言葉を目にするようになりました。

ターンアウトは、英語 アンディオールは、フランス語 この2つの言葉には、いろいろな意味が込められて表現されます。 直訳すると、外側と言う意味です。

バレエの外側と言う意味は、舞台上での下手と上手、左右の横側になります。

バレエの舞台上で決められているの方向で言うと、3と7の方向になります。

この方向に、身体が対応しているかどうか?

もって生まれた身体の構造・骨格と筋肉の質が、クラシックバレエを踊るために適しているのかと言うことを、ターンアウト・アンディオールしているかどうか?と表現することもあります。

コンクールでも、審査員によってこの生まれ持った身体の構造に対して点数をつける、ターンアウト・アンディオールしているか?していないか?と評価する方もいます。

もうひとつは、バーレッスンの時やセンターレッスンの時に、アンディオールしなさい、できている・できていないと表現するバレエ教師がいます。

コンクールでも、バリエーションを踊っているときに、方向性と足先のアンディオール・ターンアウトができている?できていない?と審査されます。

この時の、アンディオール・ターンアウトは、身体の使い方の話になります。

もって生まれた身体の条件が悪くても、身体の使い方を学び・理解して、コントロールすることで、アンディオール・ターンアウトして踊る、3と7の方向を使い美しく踊ることができているかどうか?

バレエボディトレーナーの応援している内容は、身体の使い方を学び・理解して、美しく3と7の方向を使って、アンディオールでバレエを美しく踊るバレリーナを目指す事です。

バレエ整体は、できるだけ自分自身の身体の条件を3と7の方向で最大限に発揮できるように身体を整えて、開いた状態でアンディオールをコントロールして踊る感覚を身に付けるために進めています。

もって生まれた身体の条件は、正しく身体の事を学び・理解して、バレエボディトレーナーと一緒にレッスンすることで、アンディオールで美しくバレエを踊れるようになります。

全力で応援させていただきます!

と言うことで、ここでのアンディオールは、身体の中の使い方をお話しします。

バレエの身体の中の方向は、前・1の方向、横・3と7の方向、後・5の方向と決まっています。

舞台上で踊るときの方向、身体の中の方向、これはなぜ決まっているのか?

それは、お客さんから見たときに美しく見える角度・表現になっているからです。

タンジュの時も、バットマンの時も、ルティレの時も、アラベスクの時も、回る時も、自分の身体の中の方向は決まっています。

前・1の方向は、自分自身の鼻の前へ、横・3と7の方向は、自分自身の耳の後ろから横へ、後・5の方向は、自分自身の首の後へ、 身体の中から、前・横・後へのイメージ・感覚を間違えないで意識してレッスンして下さい。


アンディオールは、身体のどの部位を使うの?

アンディオールのイメージは、股関節から外側へ動かす使うと教わる事が多いと思います。

これは間違いです!!

アンディオールは~~~

続きはバレエボディトレーナーと一緒に美しく踊るを目指しましょう!
アンディオール①では、この足裏・指からアンディオールすることができるようになる事が大切です。


アンディオール②の時に、足裏からアンディオールした力を、上へ伝えていく為の身体の使い方を学び・理解していきます。

そのために、足裏からアンディオールできように、身体の中から方向をイメージできるようにしておきましょう!


受付中!
バレエボディトレーナーと一緒にバレエを美しく踊る身体と使い方を手に入れましょう!

詳しくは、下記のページをご覧ください↓

バレエ整体&アンディオール・神戸、大阪、西宮、宝塚、関西、近畿地区・バレエボディトレーナー・バレリーナの応援をしています。