バレエを踊るという事とは

あなたは、バレエを踊っている理由は? と聞かれるとどう答えますか?

日本の場合は、バレエを小さな子供の内からバレエ教室で習い事の1つとして始める事が多いと思います。

小さなころは、楽しく綺麗な衣装を着て踊る事に夢中になります。

高校生になり大学へ進学する年齢になるぐらいで、バレエを踊る事について考える事になるといいのですが、、、、

あまり考えないでバレエ教室のレッスンや発表会・コンクールと踊り続けているバレリーナがほとんどだと思います。

そうすると将来の為に大学へ進学して就職して結婚してと願う事が常識の世の中ですので、「いつまで踊っているの!」と言われ始める年齢になります。

日本のバレエ界は、まだまだプロになる道を上手く作る事ができていません。

当然、バレエの基本を学び美しく踊れるレベルアップを日々しておかなければプロにはなれないです。

ですが、そのプロになる為のレベルアップと、その先へ進む為の進み方が上手く導いてくれる教室、バレエ教師が少ない状態です。

基本的に、日本のバレエ教室は習い事ですので、プロを目指す為の深いバレエを学ぶ為の時間を作る事が難しいのが理由です。

本来のバレエは、美しい踊りを人の為に、人の前で踊る為にあると思います。

自分の為に、自分だけが楽しんで踊るのではないと思っています。人の為に美しく踊る、バレエを深く学び美しく踊る為に!魅せる為に!日々レッスンを積み上げていくものだと思います。

バレエは総合芸術と言われています。クラシック、古典ですので踊る内容、振付、衣装、曲、決まりごとがあります。長い歴史で築き上げて来られた芸術です。

この築き上げて来られた総合芸術を、しっかりと伝えていく役割がバレエ教師・バレエ教室だと思います。

日本のコンクールの流行りの個人競技バでもリエーションを競い合う事も、総合芸術バレエとして見て考えていると必要な事ではあります。

コンクールで一人で踊るという事は、全責任を自分自身で背負って、美しい踊りを魅せる気持ちを育てるという事とすれば素晴らしいと思います。

ですが、日本のコンクールは全く違った方向に進んでいるので残念です。

日本の小さなバレリーナは、コンクールで踊る事がバレエだと思っています。

プロになる道が上手くできていないので、習い事の延長戦のコンクールに流行りが出来てしまうんだと思います。

日本のバレエ界がダメなんではありません。日本のバレエ界は総合芸術。伝統あるバレエを広めようとしています。

流行りになっているコンクールは、売になっているだけです。

ここをしっかりと見ることが大事だと思っています。

小さなバレリーナを育てているバレエ教師・バレエ教室は、責任重大です。

バレエを習いに来ているバレリーナは、みんな本気でプロになりたいと願っています。その願いに正面から真剣に向き合って、伝統のあるバレエを教えて育ててほしいと思います。

本当にプロになりたいと思っているバレリーナは、真剣に伝統のあるバレエを学べているのか?しっかりとバレエ教師を見てほしいと思います。

バレエは、1人で好きに踊るのではありません。

人の為に、伝統・決まり事を美しく守り、総合芸術として、

全てと調和をとり、美しく踊り、みんなで舞台を作り上げていく、

見て下さる方へ感動を与える事ができる素晴らしいものです。

そんな人の為に踊れるバレリーナになって下さい。

人の為に動けるバレエ教師になって下さい。

大人からバレエを踊られる方は、子供から習っていないから好きにすればいいと思わないでほしいと思います。

大人からのバレエレッスンでは、プロになる為のバレエの基本や伝統あるバレエを学ぶ事ができないかもしれません。

ですが、バレエを踊るという事は、大人からでも一緒だと思います。

今の自分自身が美しく踊る為に、人に見せる為に、頑張ってレッスンしてほしいと思います。

この本来のバレエを踊る気持ちが正しく持てれば、大人からでも美しく踊る事が出来ます。

決して自分の為だけに踊らないでほしいと思います。

バレエは、バレリーナは、人の為に踊るものです。

それが、バレエを踊るという事です!

美しく踊る為に、魅せる為に、人の為に、頑張って下さい。

応援しています。


受付中!
バレエボディトレーナーと一緒にバレエを美しく踊る身体と使い方を手に入れましょう!

詳しくは、下記のページをご覧ください↓

 

バレエ整体&アンディオール・神戸、大阪、西宮、宝塚、関西、近畿地区・バレエボディトレーナー・バレリーナの応援をしています。

トップページへ戻る