バレエ・コンクールの考え方

日本のバレエの流行りは、バレエコンクールになっています。

バレエを良く知らないと、日本ではバレエとはコンクールに出て入賞する事だと思ってしまうと思います。

海外のバレエの世界は、国立、県立、州立、市立、私立のバレエ学校があります。その上や国にはプロのバレエカンパニーが確立されています。

海外でのコンクールは、国立などのバレエ学校でバレエの基本・伝統を毎日レッスンして学んできたバレリーナ・ダンサーがプロになる為にチャンスを掴むために存在しています。

海外のトップ級の国立などのバレエ学校に入学する事はとても難しい事です。

そのバレエ学校に入学しても、全てのバレリーナ・ダンサーがプロになれるとは限りません。プロになる為に違うカンパニー、違う国へとオーディションを受けて合格する事でプロになる事が出来ます。

トップ級のバレエ学校に入れなかったバレリーナ・ダンサーは、州立や市立、私立のバレエ学校でプロになる為に日々レッスンをします。

海外のバレエコンクールに出場するバレリーナ・ダンサーは、トップ級のバレエ学校に入れなかったバレリーナ・ダンサーが、トップ級にバレエ学校への入学許可などを手にする事を目指して出場します。

日本では、ローザンヌコンクールが有名だと思います。

これからの未来のバレリーナ・ダンサーの為に、バレエの発展を大切に考えてコンクールの舞台を創っています。

日本と違い、人と競い合うための舞台ではありません。

日本のコンクールも、チャンスを掴むための舞台を創っているコンクールもあります。

そんなコンクールは、海外のコンクールと同じように、バレーレッスン、センターレッスン、ポアントレッスンをしっかりと審査基準に入れています。

日本の多くのコンクールは、バリエーションだけの審査です。

バリエーションだけの審査なので、日本のバレエ教室のレッスン内容が、バリエーションだけになっているコンクール教室が増えてきています。

これでは、海外への道、プロのバレリーナになる道ができません。

海外で大切にしている事は、バレエの基本、美しいカラダを作り上げる事、伝統のあるバレエを学ぶ事です。

海外のバレエ学校に入学する、プロのバレエパニーに入団する為には、バーレッスン、センターレッスンを中心に審査されます。

日本のバリエーションばかりレッスンしているバレリーナがプロになれない理由はわかって頂けると思います。

日本からも、しっかりとプロのバレエカンパニーに入団しているバレリーナ・だんさーがいます。バレエ学校にも入学しています。

そんな日本のバレリーナ・ダンサーは、プロになる為に毎日バレエの基本、伝統のバレエを学んでいます。

バレエを大切に考えて想っているバレエ教師・バレエ教室が育てています。

日本のバレエコンクールの流行りに流されないで、バレエの基本、伝統のバレエを学び、日々レッスンを大切に頑張っています。

そんなバレリーナも、日本のバレエコンクールにも参加しますが、人と競い合うのではなく、

今の自分の踊りを超える為に参加します。一人で踊り切る責任、気持ちを育てる為に、人の為に魅せる力を育てる為に参加しています。

とても地味な事を本気で続けています。

本当に、プロのバレリーナになりたいと思っているのでしたら、

日本のコンクールに流されないで下さい。

プロになる為のバレエの基本、伝統のバレエを学ぶ、人の為に踊る。

そのことを学べるバレエ教師、バレエ教室、を選んでほしいと思います。

バレエは、1人で踊るものではありません。

みんなで一緒になって舞台を創って、見て下さる人の為に、美しく踊り、感動を与える事ができるものです。

そんなバレリーナを目指してほしいと思います。

応援しております。


受付中!
バレエボディトレーナーと一緒にバレエを美しく踊る身体と使い方を手に入れましょう!

詳しくは、下記のページをご覧ください↓