バレエ・アンディオールができない

バレエの世界、日本だとコンクールで言われる、アンディオールが出来ていない、なぜできていないのでしょうか?

それは、アンディオールを知らないからです。クラシックバレエ・古典の決められたアンディオールを知らないからです。

簡単なアンディオールの話は下記からもご覧ください。
http://www.b-sj.com/endehors/

アンディオールとは、クラシックバレエで決められている振付・踊りが踊れる為の身体を持っている・作ってから、バレエの基本・身体の使い方を学び・理解して、最後の最後にコントロールして作り上げるものです。

身体の条件がクラシックバレエにあっていても、アンディオールする事はできません。

特別レッスンでも、順番に学び・理解して、レッスンを積み重ねてコントロールできるようになる事を目指していく事がわかって頂けると思います。

アンディオールでバレエを美しく踊る特別レッスン紹介ページ・こちらへ


アンディオールで踊れるようになるために、学び・理解して、準備していかなければいけない事。

・足裏の使い方・仕組み・ストレッチ・トレーニング・セルフケア

・指・手先の使い方・仕組み・ストレッチ・・トレーニング

・足裏~膝~股関節・骨盤の使い方、軸の作り方・ストレッチ

・肘・肩甲骨・肩の使い方、ストレッチ・トレーニング・セルフケア

アンディオールの使い方①(ここで初めて学ぶ)

・引き上げ・腹筋・背筋の使い方、トレーニング、ストレッチ

アンディオールの使い方②(ここで更にコントロールする)

・手・腕・表現・美しく魅せる

アンディオールで踊る為には、沢山の身体の使い方を理解して美しい軸を作りだす事が必要になります。そこから始めてアンディオールを学び・理解して・コントロールできるようにレッスンしていきます。

特別レッスンでは、詳しく年齢と共に学びようにお話ししています。

バレエは、覚えたからすぐにできるよう洋になりません。

年齢と共に、時間をかけて、身体・心・感性、素敵なバレリーナに成長していくものです。それが素晴らしい仕組みのクラシックバレエです。

ここまで、考えられて創られている。すごいと思います。そのことを知ってほしいと思います。

すごい事、素晴らしい事を学んで踊ってほしいと思います。

バレエボディトレーナーは、バレエを大切に応援しています。


アンディオールを学び・理解して・普段レッスンしているバレエ教室で踊ってほしいと思います。

アンディオールで、コンクールの練習をしていると、上手くバリエーションが踊れなくなります。

ですが、

それが本当のクラシックバレエの踊り方です!

アンディオールで美しくバレエを踊ってほしいと思います。

そんなバレエを大切にして踊っているバレリーナが、日本のバレエ界でいっぱいになって欲しいと思います。

アンディオールで美しくバレエを踊りたいバレリーナさんは、バレエボディトレーナーに相談して下さい。

全力でバレエを応援しています!


受付中!
バレエボディトレーナーと一緒にバレエを美しく踊る身体と使い方を手に入れましょう!

詳しくは、下記のページをご覧ください↓

 

バレエ整体&アンディオール・神戸、大阪、西宮、宝塚、関西、近畿地区・バレエボディトレーナー・バレリーナの応援をしています。

トップページへ戻る