バレエ教師になりたい

バレエ教師になりたい。小さい頃からバレエ教室でバレエのレッスンをしていると、将来の夢が2つ生まれてきます。

1つは、バレリーナになりたい。

2つ目は、バレエの先生になりたい。

こんな夢を見ながらレッスン・バレエを続けて踊っていくと思います。

この2つの夢はを実現する為には、2つの夢が1つだという事を知る事が必要です。

今までの日本のバレエ教室を主催してきたバレエ教師は、プロのバレリーナ・海外のバレエの経験は、ほとんどありません。ですが、日本のバレエ界を少ないバレエの情報を学び伝えてきて下さいました。

今までのバレエ界のバレエの先生方がいなければ、今の日本のバレエ界はありません。

そのバレエの伝統を大切に考えて、伝えてきて下さったクラシックバレエが、今・コンクール・スポーツバレエの波にのまれてしまい消えかかっています。

これからのバレエ教師・バレエの先生は、海外のバレエの経験を持ったバレリーナが、伝統あるバレエを学び・日本に正しく伝える役割があります。

だから、本当のバレリーナになららければいけません。

夢の1つ目のバレリーナになりたいという願いを叶えなければ、バレエ教師になる事はできません。

そう願っています。本当に心から願っています。人の為に、これからの未来の為に、本当のバレリーナの経験をした人がバレエ講師になって下さい。

今の日本のバレエ界のコンクールの流れのままでしたら、バレエコンクール・スポーツバレエ・バリエーションだけを踊ってきたバレリーナがバレエ講師になると思います。

もうすでにそうなっている教室があると思います。コンクール・スポーツバレエを踊り入賞・結果を出す練習は簡単な事です。ポイントを守れば結果は残せます。

だから、バレエを学んでいない方、ダンスの流れからの先生もバレエ教師として、コンクール・スポーツバレエを教え、バレエ教室・バレエ講師と有名になっています。

そんな流れのままでは、世界のクラシックバレエから日本は置いていかれる・外されてしまいます。もうすでに必要とされなくなってきています。

日本のバレエ界でも、クラシックバレエの伝統を大切にバレリーナを育てている、バレエ講師・バレエ教室・バレエスクールがあります。バレエ団も創設してバレエを続ける道を作り続けている方がいます。

そんなバレエ教師・バレエ教室と、本当の海外でクラシックバレエを学んできたバレリーナが、バレエ教師・バレエ教室を主催する事が、日本のバレエ界には必要だと思います。

バレエ教師・バレエの先生になりたいと願っているバレリーナさんは、本当のクラシックバレエを学んで下さい。

海外に行く事ができなくても、クラシックバレエを学んでほしいと思います。

バレエボディトレーナーは、バレエ教師・バレエの先生になりたいと願っているバレリーナも応援しています。

コンクール・スポーツバレエだけを学び頑張ってきたバレリーナでも応援します。今からでも本当のクラシックバレエを学び、次に伝える役割のバレエ教師・バレエの先生になって欲しいと思います。

バレエボディトレーナーにいつでも相談して下さい。



今、コンクール・スポーツバレエを中心にバレエ教室を主催されているバレエ教師・バレエの先生も、コンクールに出場しないと生徒が集まらないからやっている、そんな思いで主催されているのでしたら、

バレエボディトレーナーは、本当のクラシックバレエを教える方法・教室の運営方法を応援しています。

そんなバレエを大切に考えているバレエ教師の方がいらっしゃれば、いつでもバレエボディトレーナーに相談して下さい。