大人からでもバレエを美しく踊る為の準備と進め方(バレエ上達法)

クラシックバレエのレッスンの進め方・メソッドは、プロのバレリーナ・ダンサーを育てていく為に世界の国立のバレエ学校で考案されています。

日本のバレエ教室は、その世界のバレエ学校のレッスン方法・メソッド・育て方のイメージだけが伝わってきました。

そのイメージは簡単な内容で、レッスンの流れや簡単な声のかけ方だけが伝わって、今の日本のバレエ教室が個人の先生によって主催されています。

日本のバレエ教室、世界のバレエ教室は、バレエを楽しく踊る事をイメージして主催されています。

ですので、バレエのポジションなどの基本、踊りの流れ、簡単に注意するポイントをレッスンの時に学ぶ場所になっています。

世界のバレエ界では、バレエ教室で最初のバレエを学んび、バレエに向いている感性や身体を持っている子供は、国立などのバレエ学校に入学する事を目指していけます。

日本のバレエ界は、日本に国立のバレエ学校がありません。プロのバレエカンパニーもほとんどありません。ですから海外のバレエ学校・バレエカンパニーへ進む為に留学する必要があります。

日本のバレエ教室では、バレエを正しく学ぶ時間を作る事は難しいのが現状です。

世界のバレエ学校と違い、小・中・高校に通いながら、夕方や夜にバレエ教室でバレエを1時間~2時間程度しかレッスンができません。

レッスン以外のバレエの事や、バレリーナとしての考え方・生き方などは学べません。

ですから、バレリーナになる為の感性や身体を持っていれば、海外のバレエ界に留学しています。昔と違い海外にも留学しやすい時代になっています。それは個人としてバレリーナとしては、とても良い事だと思います。

ですが、最近の日本のバレエ界はコンクールが中心になり、コンクールの入賞やスカラシップで、短期の海外留学の機会を作ってくれるようになっています。

その制度は、とても感謝する事だと思います。

ですが、コンクールのバリエーションだけを日々中心に練習しなければ、コンクールで入賞・結果を出す事が出来なくなっています。

その事によって、バリエーションの形を作り上げるためのレッスンが中心になっています。バレエ教室もコンクールで結果が出ている教室に人が集まるようになっています。

コンクールのバリエーションを、正しいクラシックバレエの身体の使い方、アンディオール、踊り方をして結果が残っているのでしたら素晴らしい事なのですが、

バレエの正しい・決められえた、カラダの作り方、使い方、レッスン・基本、バレエの知識、バレリーナの心、感性、を学んでいないのに、バリエーションを正しく美しく踊れる事はありません。

せっかくコンクールを目指して、これがバレエだと学び、スカラシップで海外留学できたのに、海外のバレエ界に触れた瞬間に、クラシックバレエを学んできていないことに気が付いて帰ってきます。

気が付いて帰ってきたバレリーナは、そこから本当のクラシックバレエを学び直す事が出来ます。まだまだ可能性はあります。

気が付かないバレリーナは、コンクールがバレエだと信じ、プロになる夢を追いかけて、また日本のバレエコンクールで踊り続けます。

そんな日本のバレエ界だという事を、大人から始める方も知っておいてほしいと思いお話ししました。


大人から、クラシックバレエを学び美しく踊る為には

まずは、1年~2年は大人のバレエクラスでレッスンをして欲しいと思います。まずは、ポジション・バレエ用語・曲とともに動く・バレエ用品・慣れて覚える期間が必要です。

2年目・3年目以降からは、選んでほしいと思います。

楽しくバレエをレッスンしたいと思っている。

それならば、レッスンの回数は週2回程度にして楽しんで欲しいと思います。無理をしないで、痛みなどがあれば少し休み、脚を高く上げようとしないで、無理して開こうとしないで、優しく身体を使って感性を豊かに踊ってほしいと思います。

正しくバレエを学び、美しく踊れるようになりたいと思う。

それならば、バレエを美しく踊る為の身体の使い方を初めから学んでほしいと思います。

バレエ教室の大人のクラスでは、身体の使い方に時間を作る事ができませんので、順番に正しく学べないと思います。

バレエボディトレーナーは、大人からでも美しく踊る為の身体の使い方・作り方を一緒に応援させて頂きます。

内容は、大人の方でも子供からでも同じ内容です。

日本人がバレエを踊る為に学ばなければいけない、身体の使い方・作り方を順番に学んで頂きます。

個人個人に合わせて、身体を整えたり、作ったり、変えたりできる、バレエ整体も取り入れています。

目指す目標は、アンディオールでバレエを美しく踊る事です。

バレエボディトレーナーだけの特別レッスンとバレエ整体で一緒に目指します。


大人のバレエの悩み

身体が硬い、筋肉が弱い、バランスが取れない、軸が上手くいかない、回れない・ピルエット、アラベスク・脚があがらない、柔らかく踊れない、リズムが合わない、トゥシューズで立てない、ルルべが低い、などなど。

ほとんどの悩みには、しっかりとした理由があります。

簡単に言えば、正しいバレエの身体の使い方を知らないという事です。

大人の方は、その方法を学び・理解する事は大人ですから、すぐに理解されます。

後は、理解したことをレッスンで続けていく事、自宅で少し練習する事で、自分でもわかるように悩みが解消されていきます。

注意してほしい事は、正しいバレエの身体の使い方を知らないまま、2年目・3年目以降レッスンを続けていくと、クセが沢山みにつき、悩みばかりが増えていきます。

クラシックバレエの決められた・創られた、身体の使い方・作り方を知ってほしいと思います。

どのように、学び・理解すればよいのか。詳しくは下記のページをご覧ください


受付中!
バレエボディトレーナーと一緒にバレエを美しく踊る身体と使い方を手に入れましょう!

詳しくは、下記のページをご覧ください↓

 

バレエ整体&アンディオール・神戸、大阪、西宮、宝塚、関西、近畿地区・バレエボディトレーナー・バレリーナの応援をしています。

トップページへ戻る